不動産鑑定士は独学で受かるか

不動産鑑定士は、司法試験や公認会計士試験と並ぶ非常に難易度が高い国家資格であり、独学で勉強をする際にはかなりの努力が必要になります。基本的には多くの受験生が資格スクールの通学や通信の口座を利用しています。試験は択一試験と論文試験があり、論文試験では経済学や民法、会計学なども学習することが必要になるので、基本的な知識もかなり深いレベルまで要求されることとなります。不動産系の資格では最高峰なので、持っていることで社内でもかなり高い評価を貰うことができ、難しい責任ある仕事なども任されるようになるでしょう。

仕事内容は多岐にわたる

不動産鑑定士とは国の鑑定評価に関する法律に基づいて制定された国家資格で、主にこの資格試験に合格して国土交通省に備える名簿に所定の手続きを経て登録した者は実務として土地や建物の鑑定評価を行えるようになっています。不動産鑑定士の主な業務としては公的機関の依頼で地価公示法に基づく標準地の鑑定評価を行ったり、国土利用計画法施行令に基づく基準地の鑑定評価、あるいは相続税課税の路線価の評価や固定資産評価業務や競売物件の評価を行うこともあります。民間からの依頼としては土地や家屋の査定額に関する参考価格の算定や株式会社へ土地や建物を現物出資する際の鑑定評価、その他派生的な業務があります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 不動産鑑定士試験の魅力 All rights reserved