不動産鑑定士の年収は高水準

不動産鑑定士は、合格率が低い非常に難しい試験を合格し、実務補修期間を経てようやくなれる職業です。その分年収の平均も600~700万円と高く、さらに独立する人が多いので、その場合は1000万円を超えることも少なくありません。一方で、試験に合格して不動産鑑定士の登録をするまでの補修期間の時代は、低い年収にとどまってしまいます。ただし、この期間は勉強するためにあるようなものなので、当然といえば当然のことです。実務補修の期間にたくさん苦労した結果として、安定した高い収入が得られるということを心掛けておきましょう。

資格があれば企業内でも活躍可

不動産鑑定士は、かなり難易度が高い資格であり、試験科目では民法や会計学、経済学や鑑定理論の論文試験が出題されるので、基礎的な知識だけではなく、自分の言葉で文章にするだけの知識が必要とされる試験です。この試験に合格することで、企業では高く評価されるとともに、独立して事務所も経営することができます。不動産鑑定士は、鑑定評価を行う上では論理的な文章作成能力が要求されることになるので、高いスキルが必要とされます。企業内でも資格を持っていることで、難易度の高い難しい仕事を任せてもらうことができるでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 不動産鑑定士試験の魅力 All rights reserved