難易度の高い不動産鑑定士試験

不動産鑑定士試験は年1回、短答式と論文式の2段階方式で行われます。不動産関連の資格では最高峰と位置付けられています。また、司法試験、公認会計士と並び日本三大国家資格と言われているだけに、難易度は高く合格率は10%以下です。合格後は、実務修習を受ける必要があります。経験を積んで一人前になるには長い期間が見込まれます。しかし、鑑定士の主な業務である鑑定評価は強力な独占業務です。民間企業のほか公的機関からの依頼が多く安定した仕事です。需要がある割に、資格者数が不足しており、希少価値が高い資格と言えます。

不動産鑑定士の業務内容とは

不動産鑑定士という職業をご存知でしょうか。土地に対する環境や諸条件を考慮して、土地の有効利用の程度を判定しつつ、適正な地価を算出することを仕事としています。つまり、不動産鑑定士は、土地の価格と適正な利用についての専門家といえます。この資格は国家資格で、3大国家資格に数えられることもあるなど、その難関さは数ある資格の中でもトップクラスとなっています。近年では、土地が賃料収入等を目的とした金融商品としての性格を強く持ち始めたことによって、金融分野への関連性を深めており、その分野の見識も必要となるなど徐々に変化の兆しを見せ始めています。

↑PAGE TOP

Copyright © 不動産鑑定士試験の魅力 All rights reserved